読みやすい大きさへ文字サイズの変更ができます。

文字サイズ拡大

社会福祉法人 邦寿会

邦寿会のあゆみ

HOME > 邦寿会について|邦寿会のあゆみ

<施設のはじまり>

今宮診療院
今宮診療院

邦寿会が創立された1921年(大正10年)の頃の世相は、第1次大戦後の世界恐慌で全ての物資が急騰し、米騒動やシベリア出兵など不安の多い、民生の安定が強く求められた時代でした。このような世相の中で大阪の愛隣地区(西成区海道町)に居住する生活困窮の人たちに対し、無料診療と施薬を目的に「今宮診療院」を開設したのが、邦寿会福祉施設のはじまりでありました。以来邦寿会は生活困窮者の救済援護に尽力してきました。

その後1923年(大正12年)には「豊崎診療院」(大淀区豊崎)、1929年(昭和4年)には「此花診療院」(此花区春日出)を相次いで開設しました。しかし、1945年(昭和20年)第2次大戦の戦災で焼失しました。その中で、今宮診療所は、国民皆保険の時代を迎えた1976年(昭和51年)、当初の目的使命を果たし、歴史を閉じました。

<戦後から>

駒川ホーム
駒川ホーム

終戦直後の混乱期、大阪駅周辺には、戦災者、海外引揚者等の浮浪者が餓死寸前の姿であふれていたのを見た鳥井信治郎理事長は大阪市東住吉区に古いアパートを購入、改装してそれらの人たちを収容して「駒川ホーム」と名づけました。同じ時期に旭区にも宿泊所を設け、身寄りのない人たちを収容したのが後の「赤川ホーム」となりました。

赤川ホーム
赤川ホーム

日本は戦後の混乱期を抜け、高度経済成長期を迎える中、国民の生活水準も大きく向上しました。社会福祉関連法も充実し、福祉3法から福祉6法体制へと拡充され、1961年(昭和36年)には国民皆保険・皆年金の達成など福祉政策も拡充期を迎えました。

赤川保育所
赤川保育所

そのような時代背景のなか、各施設は、時代の流れに対応して事業内容を拡充させ、駒川は母子寮として、赤川ホームは、養護老人ホームとして、また赤川ホームから分離独立した赤川保育所は、それぞれ大阪における民間福祉施設としてかずかずの業績をあげてきました。

そして、赤川ホーム、赤川保育所は、それぞれ高殿苑、つぼみ保育園として大きく再生飛躍を遂げました。同じく、駒川ホームも戦後30年を経て、その使命を終え業績を惜しまれつつ事業を廃止しました。

<高殿苑、つぼみ保育園、天野苑の総合福祉のはじまり>

佐治敬三理事長
佐治敬三理事長

1971年(昭和46年)、当時2代目佐治敬三理事長は、各施設建物の老朽化が著しいため、これを契機に事業の根本的な見直しを行うよう指示をだされました。
当時の取巻く社会環境は、高齢者の増加、産業構造の変化による高齢者の就業機会の減少、核家族化など著しく変化しました。高齢者福祉は低所得者を救済する救貧施策の枠から、加齢に伴う一般的な介護ニーズが制度の対象へと変わり「社会福祉緊急整備5ヵ年計画」が発表され、社会福祉は新しい幕開けを迎えていました。

高殿苑・つぼみ保育園
高殿苑・つぼみ保育園

これを契機に、事業の抜本的な見直しを行い1974年(昭和49年)5月、大阪で最初の特別養護老人ホーム「高殿苑」を新設し、次いで1975年(昭和50年)4月には「つぼみ保育園」を開園しました。さらに1976年(昭和51年)4月には「軽費老人ホーム天野苑」の運営を大阪市より受託しました。

天野苑
天野苑

当時、高殿苑は高齢者福祉施設として先進的な建物・設備が評価され、全国からの見学者、行政の福祉担当者教育、専門学校の実習研修など大いに注目を浴びた施設となりました。

その後、施設事業に加え、1982年(昭和57年)ショートステイ事業開始、1990年(平成2年)デイサービス事業開始、1998年(平成10年)ホームヘルプ事業、介護支援センター、ケアプランを開始し、施設事業に加え居宅事業を拡充してきました。

鳥井信一郎理事長
鳥井信一郎理事長

そして、平成バブルの不況や財政逼迫の顕在化や少子高齢化の本格化に伴なう福祉需要の増大・多様化の中、2000年(平成12年)に介護保険制度が導入され、これまでの措置の時代から契約の制度に大きく変わり、社会福祉を支えてきた基礎構造は大きく改革され、事業経営の転換点となりました。

この年、事業は鳥井信一郎理事長へ継承され、2002年(平成14年)には、現理事長の鳥井信吾理事長へ継承されました。

<介護保険制度の時代へ>

どうみょうじ高殿苑
どうみょうじ高殿苑

介護保険制度が導入され8年が経過し、高齢者福祉の内容は大きく変わりました。財政逼迫を理由に、介護報酬の切り下げや施設認可の抑制、個人負担の増加など施設運営においても、高齢者個人にとっても厳しい現実に晒されていました。

この状況下にあって、2008年(平成20年)、鳥井信吾理事長のもと、サントリー道明寺工場の跡地に最新鋭の高齢者向け総合福祉施設「どうみょうじ高殿苑」を開設しました。

全室個室のユニットケアを基本にケアハウス、特別養護老人ホーム、グループホーム、ショートステイ、ケアプランセンター、ヘルパーステーション、デイサービスと施設、居宅事業とを併せ持つ総合福祉施設として誕生しました。また、地域との交流やボランティア活動の拠点となれるよう、地域交流スペースなども充実し、地域の福祉活動の拠点とすべく、取組をスタートしました。

2011年(平成23年)4月には、大阪市より旭区西部地域包括支援センター事業を受託し、地域の高齢者に対し包括的な支援活動を行う拠点を開設し、地域の高齢者の介護予防やお困りごとに細かく対応する包括的な支援活動をスタートしました。点から面への支援活動に取組んでいます。

2012年(平成24年)3月、軽費老人ホーム天野苑は、大阪市の方針により閉苑しました。

1921年 現サントリーHD(株)創業者・鳥井信治郎によって邦寿会を創設する
  今宮診療院を開設し、無料診療及び施薬を行う
1923年 豊崎診療院を開設する(無料診療・施薬)
1928年 此花診療院を開設する(無料診療・施薬)
1941年 財団法人鳥井邦寿会設立する
1945年 豊崎、此花診療院が戦災により焼失する
1946年 駒川ホーム、赤川ホームを生活困窮者生活援護要網による海外引き上げ者寮として開設する
1948年 赤川ホームが児童福祉法の施行にともなって母子寮となる
1950年 赤川保育所を母子寮内の保育施設として開設する
1952年 邦寿会が社会福祉事業法により社会福祉法人に変更となる
1962年 佐治敬三理事長が就任する(現サントリーHD(株)元社長)
1974年 特別養護老人ホーム「高殿苑」を開設する
  それにともない、養護老人ホーム・赤川ホームを廃止する
1975年 大阪市認可保育所「つぼみ保育園」を開設する
  それにともない、赤川保育所を廃止する
1976年 今宮診療所を廃止する
  軽費老人ホーム大阪市立天野苑受託する
1977年 駒川ホームを廃止する
1982年 高殿苑がショートステイ事業を開始する
1990年 高殿苑がデイサービスを開始する
1998年 高殿苑が介護支援センターやホームヘルプなどの在宅事業を拡充する
2000年 鳥井信一郎理事長が就任する(現サントリーHD(株)元社長)
  高殿苑が介護保険事業として、社会福祉法人邦寿会高殿苑、高殿苑ホームケアサービスセンターを開始する
2002年 鳥井信吾理事長が就任する(サントリーHD(株)副会長)
2006年 10月1日、道明寺ホームケアサービスセンターを開設する
2008年 総合福祉施設「どうみょうじ高殿苑」を開設する
2011年 旭区西部地域包括支援センター受託する
  創立90周年
2012年 軽費老人ホーム大阪市立天野苑は大阪市の方針により閉苑となる
2017年 4月、特別養護老人ホーム「高殿苑」、大阪市認可保育所「つぼみ保育園」新築移転する

このページの先頭へ