読みやすい大きさへ文字サイズの変更ができます。

文字サイズ拡大

総合福祉施設 どうみょうじ高殿苑

施設の概要|施設長のご挨拶

HOME > 施設の概要|施設長のご挨拶

photo

緑豊かな環境のもと、温かい心と笑顔あふれるケアで、
皆様の安心で安全な日々の暮らしを支えます。

どうみょうじ高殿苑
総合施設長 中本 勝也

2008年、藤井寺市道明寺の石川玉手橋の側に「どうみょうじ高殿苑」を開設しました。地域密着型の複合型介護施設として、特別養護老人ホーム、グループホーム、ケアハウス、ショートステイ、デイサービス、ヘルパーステーション、ケアプランセンターがあります。 約3,300坪の広い敷地に種々の樹木や畑などを配し、また、地域交流スペースやレストランスペースを設け、ボランティアの皆さんによる演奏会をはじめとした様々な行事を開催しています。ご入居者・ご利用者、ご家族、ご友人、そして、地域の皆様が集い、憩い、交流を続けられるような空間づくりに取り組んでいます。

施設サービスでは、なじみの家具や思い出の品々に囲まれた個室のお部屋や、中庭に面した広いダイニングやリビングなど、毎日をお好きな場所で過ごせるような住環境を整えています。ゆったりした浴室には「ひのき」の浴槽を用意し、入浴をお楽しみいただけるようにしています。
また、ご本人・ご家族を交えて定期的に面談(カンファレンス)を開催しています。生活相談員、ケアマネジャーを中心に介護、看護、リハビリ、栄養、口腔ケアの各専門職が参加し、ご入居者にとってより満足度の高い生活を送っていただけるよう、支援計画(ケアプラン)の内容に対して、情報共有や意見交換をさせていただいています。

在宅サービスでは、認知症や病気等で介護が必要になっても「住み慣れた地域でいつまでも暮らす」ことを目指し、地域に密着した活動を展開しています。デイサービスでは、作業療法士による苑庭でのリハビリや脳トレーニング、映画やカラオケをはじめ季節に応じた様々なレクリエーション、地域のボランティアさんによる体操や演奏会などを行っています。ヘルパーサービスでは、様々な介護度の方や障がいをお持ちの方の状態変化に素早く気づき、ご家族や関係者との情報連携をスムーズに行い、安心・安全にご自宅で暮らせるような支援を行っています。ケアプランセンターでは、介護を必要とする方々のお困りごとに寄り添い、ご本人の思いに柔軟に対応できるようなサポートを行っています。また、2018年10月には、玉手橋の対面にある柏原市玉手町に「高殿苑かしわらケアプランセンター」を開設し、地域を広げ引き続き地域に密着した活動を展開していきます。

これからも、邦寿会の理念「笑顔と思いやり、共に暮らし、安らぎと喜びを分かち合う」の実現に向け日々、真摯に取り組んでいきます。

このページの先頭へ