読みやすい大きさへ文字サイズの変更ができます。

文字サイズ拡大

社会福祉法人 邦寿会

介護のお仕事|人事考課制度

HOME > 介護のお仕事|人事考課制度

邦寿会にとって財産です

私たちは、法人にとって最も大切な資源(財産)は言うまでもなく人だと思っています。特に邦寿会は、人が財産の法人です。それゆえ、職員を大切にし、職員に応える法人でありたいと考えています。

また、邦寿会は、やる気とエネルギーがある人がどんどん活躍できる法人です。「職員のやる気と法人の活力の向上」を高める、邦寿会の人事考課制度はそういった意図を反映した制度になっています。

人事考課制度は、法人、施設の年度方針に基づき、全職員が同じ目標に向かって取り組む仕組みが必要です。
法人職員に求められる考動指標を明確にし、その指標を1年間どう考動して達成したかのプロセス、成果を個人別に評価します。

上司・部下が計画的に面談の場をもち、施設・部門の目標を共有すると同時に、個々人の目標設定やスキルアップを考える場とします。

個人の頑張りを評価し、処遇に反映するとともに職員の能力開発に活かしていきます。

邦寿会にとって人は財産です

上記のように、上司と部下が年に数回面接を行い、個々の業務や考課についてしっかり話合いをする場を持ちます。人事考課を処遇につなげるというだけではなく、こういった年間の流れにより職員一人一人の能力開発・モチベーションアップを実現し、個人の能力を最大限に引き出すものとして大切にしています。

このページの先頭へ