読みやすい大きさへ文字サイズの変更ができます。

文字サイズ拡大

旭区西部地域包括支援センター

センターの概要|管理者のご挨拶

HOME > センターの概要|管理者のご挨拶

地域包括ケアシステム構築にむけて
― 地域とともに ―

旭区西部地域包括支援センター
管理者 遠藤 幸一

地域包括支援センターは、介護や福祉に関する地域の総合相談窓口です。
邦寿会では、大阪市の委託を受けて2011年4月から、旭区西部地域包括支援センター運営を行っています。

センターでは『住民の皆様が「元気・笑顔・安心」のあふれる地域を共に目指す』を合言葉に、高齢者の方が住み慣れたこの旭区西部地域で尊厳ある生活を継続できるように、課題解決のお手伝いや介護予防の取り組み等を関係機関・団体と連携して実施しています。

地域包括支援センターは主任ケアマネジャー、看護師・保健師、社会福祉士等の専門職が以下の業務は担当して行っています。

  1. 総合相談支援
    高齢者やその家族からの介護、福祉などに関する相談を総合的に受けるとともに、必要に応じて訪問して実態を把握し、必要なサービスにつなぎます。

  2. 虐待の早期発見・防止などの権利擁護
    高齢者虐待の早期発見・防止のための地域支援体制づくり、成年後見制度の利用促進、消費者被害防止のための情報提供などを行います。

  3. 包括的・継続的ケアマネジメント支援
    ケアマネジャーが孤立しないよう、一緒にケアマネジメント過程を振り返ったり、連絡会などを開催し、多機関との連携が行えるよう支援します。

  4. 介護予防ケアマネジメント
    要支援者に対する予防給付、要介護・要支援状態となるおそれのある方に対する介護予防事業が効果的かつ効率的に提供されるための適切なケアマネジメントを行います。

旭区西部地域包括支援センターの担当エリアは、中宮・生江・赤川地域です。
皆さんに気軽にご相談いただけるよう、商店街の中にセンターを開設しています。
営業日時は月~土の9時~19時(土曜は18時)です。
ご自宅へ訪問して相談をお受けしますので、ご来所やお電話でお問い合わせください。

お問い合わせはこちらまで
〒535-0003 大阪市旭区中宮2丁目15-8
TEL 06(6958)5030 / FAX 06(6952)7880

旭区西部地域包括支援センターのメンバー

旭区西部地域包括支援センターのメンバー

このページの先頭へ