読みやすい大きさへ文字サイズの変更ができます。

文字サイズ拡大

社会福祉法人 邦寿会

介護のお仕事|先輩の声

HOME > 介護のお仕事|先輩の声( 先輩インタビュー 0102030405

先輩インタビュー 01先輩インタビュー 02先輩インタビュー 03先輩インタビュー 04先輩インタビュー 05

先輩インタビュー 01:介護スタッフ

いつも笑顔を忘先輩インタビュー01れずに自分を信じて進んだ道を着々と歩んでいます。

濱田 愛美 (はまだ まなみ)

勤務地:どうみょうじ高殿苑
出身:大阪府
資格:介護福祉士
好きな言葉:一期一会

介護士を目指したきっかけ

私がこの仕事をしたいと思ったのは小学生の頃。障がいをもつ祖母をいつも支えている祖父母たちを見て、私も介護を手伝いたいと思いました。

やりがいを感じるのはどんな時

ある日、排せつ介助をしていたら、「あんたにやってもらうのが一番気持ちがええわ、ありがとうね」とご利用者様がお褒めの言葉をかけてくださったんです。すごく嬉しくなりました。たまに仕事が辛い、嫌だなと思うこともあります。それでも笑顔で「ありがとう」や「感謝してるよ」と言っていただけると、「ああ、本当にこの仕事をやって良かったな」と感じます。ご利用者様は私にとって、人生の大先輩。今の時代を支えつくってくださった尊敬できる方々です。そんな皆様を心身ともに支援できるのが介護福祉士。この仕事こそ私の天職だと思っています。

介護士を目指す学生さんへ

ご利用者様の心と身体、両方を支援するためには体力や様々な知識が必要です。だけど、少しでも「興味がある」「やってみたいかも」と思ったなら挑戦してください。向き・不向きは関係ありませんよ。人が人を支える心と身体のケア、まずは始めてみませんか?

このページの先頭へ

 

先輩インタビュー 02:看護スタッフ

先輩インタビュー02

人との関わりは必ず自分の糧になります。

大石 祐子 (おおいし ゆうこ)

勤務地:どうみょうじ高殿苑
出身:熊本県
資格:看護師
好きな言葉:質実剛健

看護師を目指したきっかけ

小学生の時、保健係をしていました。友達の傷の手当をすることが好きでした。
医療や福祉に関する本もたくさん読み、看護師に憧れるようになったのがきっかけです。

やりがいを感じるのはどんな時

問題点にチームで取り組み、解決への計画を立案実施していきます。
ご利用者様が快方に向かわれる時も、そうでない時も心身を支える事に微力ながら役に立てていると実感できた時はやりがいを感じます。

看護師を目指す学生さんへ

介護の現場では、幅広い年齢層・色々な環境等、様々な思いを抱えた方と接する機会が増えます。
そのような方々の人生の一部に関わることは、とても幸せで自分自身の成長にもつながります。
つらい事もありますが、人との関わりは必ず自分の糧になります。
看護師をしてきて、広い視野で物事を見られるようになりました。自分の可能性を広げてみてください。

このページの先頭へ

 

先輩インタビュー 03:介護リーダー

先輩インタビュー03

常に頭を柔らかく、
新しい事にもどんどんチャレンジしていきたいです。

山中 雅代(やまなか まさよ)

勤務地:どうみょうじ高殿苑
出身:大阪府
資格:介護福祉士
好きな言葉:不言実行

介護士を目指したきっかけ

身体の不自由な叔父と小さい頃から一緒に暮らしていたので、介護というものが常に身近にありました。サービスに来て下さるヘルパーさん達の仕事を見て、「私もいつかこんな仕事がしたい」と思ったことがきっかけです。

やりがいを感じるのはどんな時

長い人生を歩んで来られたご利用者の生活を支えるだけでなく、人生そのものを支える仕事であるという責任を常に感じています。だからこそやりがいも大きいのだと思います。

介護士を目指す学生さんへ

大変な仕事というイメージがあるかもしれませんが、介護はひとりで出来る仕事ではありません。スタッフの仲間や他職種の方々、またご利用者様からも助けられ、私もがんばっています。これから介護の仕事を目指すみなさん、いっしょにがんばりましょう。

このページの先頭へ

 

先輩インタビュー 04:生活相談員

先輩インタビュー04

いつも元気に笑顔で挨拶する事を心掛けています!!

宇野 彰記 (うの てるき)

勤務地:高殿苑
出身:大阪府
資格:社会福祉主事・介護支援専門員
好きな言葉:思いやり

相談員を目指したきっかけ

今まで介護職員やケアマネージャーの仕事をしてきました。自分がご本人様やご家族様の悩み事やお困り事に応えていく中で、すごく感謝され、人間関係が構築していく事に対して楽しい仕事であると思うようになったからです。

やりがいを感じるのはどんな時

自分が考え動いた事がきっかけでチームが一丸となりご本人様やご家族様の笑顔と安心に繋がる事。

相談員を目指す学生さんへ

相談員は、本人様がデイサービス、ショートステイ、特養入居などを利用する最初の窓口になります。どのような経緯で利用する事になったのか、またそれぞれの思いを、これから携わるスタッフにしっかりと伝え適切にサービスを実行して頂く必要があります。調整役の相談員は、「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」がとても重要になります。その中で広い視野と多くの知識を持って働く事も大事になってきます。そして、本人様を中心に取り巻く方々全員と携わる事の出来る唯一の仕事が相談員で、色々学ぶ事が出来て人間を大きく成長させてくれるやりがいのある仕事だと思います。

このページの先頭へ

 

先輩インタビュー 05:ユニットリーダー

先輩インタビュー05

ご利用者に安心して頂けるようなお声掛け、
朝一番の笑顔でのあいさつを大切にしています。

小田 翔子(こだ しょうこ)

勤務地:高殿苑
出身:大阪府
資格:介護福祉士
好きな言葉:心

介護士を目指したきっかけ

祖父が介護施設に入居していた時にお世話になった職員の方や、高校生の時に職場体験をした施設の職員の方の仕事ぶりを見て、笑顔でいきいきと楽しそうに仕事をされていた事が印象的で興味を持ち、介護士になりたいと思いました。

やりがいを感じるのはどんな時

ご利用者の笑顔や普段見られない反応が返ってくると、とてもうれしくなり、もっと頑張ろうという気持ちになります。

介護士を目指す学生さんへ

大変な事も多い仕事ですが、その分ご利用者との関わりで、沢山のパワーを頂ける仕事だと思います。ご利用者との関わりで、自分自身も考え、また成長できる介護の仕事に是非挑戦してみて下さい。

このページの先頭へ