読みやすい大きさへ文字サイズの変更ができます。

文字サイズ拡大

大阪市認可保育所 つぼみ保育園

保育園の概要|園長のご挨拶

HOME > 施設の概要|園長のご挨拶

~ 園長のご挨拶 ~

つぼみ保育園 園長 山邉真佐美

つぼみ保育園は、1975年(昭和50年)大阪市旭区高殿2丁目に開設し、
2017年(平成29年)高殿5丁目に新築移転しました。
地域の皆様のご理解とご支援のもと、地域に根差した保育活動を行っています。
思いやりに溢れるつぼみブランドを築いています。

つぼみ保育園
園長 山邉真佐美

~ 保育方針 ~

のびのびとした保育の中で、創造性・表現力を伸ばし、
思いやりのある情感豊かなこどもを育てる。
職員は、園児の気持ちを理解し、心身の発達に即した保育活動を行い、
こども一人ひとりが意欲的にいきいきと活動できるようにする。

こどもは、1日の生活の大半を保育園で過ごします。つぼみ保育園は、こどもの安心・安全な生活環境を提供することを第1に考え、一人ひとりのこどもを大切に、心をこめて乳幼児保育に取り組んでいます。

乳児期は、育児担当制の保育を実施しています。育児担当制とは、一人ひとりのこどもの食事・睡眠・排泄・身の回りのお世話をいつも決まった特定の保育士が、保護者の変わりとなり、育児活動を行うことです。こどもは、特定の保育士との愛着関係が築かれ、情緒面においても安定した生活が送れるようになります。育児担当制は、きめ細かい援助ができるので、個々の生活リズムや成長・発達に見合った対応ができます。

幼児期は、乳児期の育児担当制による特定の保育士との信頼関係から、人間関係も広がり、様々な人とのふれあいの時間を大切に過ごしています。隣接する高殿苑のご利用者の方々との世代間交流や異年齢混合保育、サントリーサンバーズ(バレー部)やサントリーサンゴリアス(ラグビー部)の選手の方によるスポーツ支援、外部講師(運動遊び・絵画遊び・科学遊び)など、こどもが、心身ともに健やかな成長ができるように、豊富なプログラムに取り組んでいます。

職員(保育士、看護師、栄養士)は、自分の感性を磨き、専門的なスキルの向上はもとより、保護者の子育ての悩みや心のケアができるように、カウンセリング力も身につけられるよう教育しています。

こどもたち一人ひとりの小さな"つぼみ"は、たくさんの夢と可能性で満ち溢れています。未来に素晴らしい花を咲かせることができるように、愛情いっぱいに育てる保育を心がけています。こどもと保護者が共に、幸せを感じる保育園を目指します。

このページの先頭へ